Established 2017.​

By

Kyonosuke Noso.

August 9, 2018

April 9, 2018

Please reload

最新記事

【1】古我知 拓也 (Takuya_Kogachi)

October 8, 2017

1/1
Please reload

特集記事

【1】古我知 拓也 (Takuya_Kogachi)

October 8, 2017

 

 

記念すべき1人目は、この旅を支援してくれている僕の友人。

 

北海道在住のフォトグラファー、古我知拓也さんです。

 

 

「人と同じことはしたくない。」

そう思いながらも、なかなか自分の描く道への一歩を踏み出せずにいる。

そんな彼の思いを、聞いてきました。

 

 

 

 

ー古我知くん、こんにちは。

 

こんにちは。

 

ー北海道に来る前は、沖縄に住んでいたんですよね。

 

はい。生まれてからずっと沖縄に住んでたけれど、大学が北海道だったので今は北海道なんです。

 

ー沖縄の名護に住んでいると聞きました。辺野古のキャンプシュワブが近いですよね。

 

はい。

 

ーそれについては、どう感じていますか?

 

アメリカ軍の基地には反対派だと思いたいです

 

ー沖縄にあることに反対なのか、アメリカ軍の基地があること自体に反対なのか、はたまた他の何かに反対なのか、どちらでしょう。

 

なぜ、沖縄にほとんどが集中しているのかということに疑問があります。
アメリカの基地があること自体にも反対ですね。だから両方です。
ここは日本ですよ!って言いたくなります。 

 

ー先ほど反対派だと"思いたい"とおっしゃいました。

 

なぜ強く言えないのかというと、まだ米軍基地の勉強や学習をしていないからです。だから、賛成!反対!は断言できない状態でいますね。

自分の友達もこんな考えをしてる人が多くいました。 

 

ニュースでは悪いニュースしか流れないし、
米軍の人がいいことしてもニュースでは報道されないし。そこが気に食わない。 

 

昔からいい噂は聞かないので、悪い風に捉えてしまいます。だから、反対派が多い気がします。
なので、自分はわからないまま、賛成!反対!って決めつけるのが嫌です。 

 

ーなるほど。ありがとうございます。

 

 

 

ーさて。なぜ北海道を選んだんでしょう?

 

環境が違うところへ、出来るだけ遠くへって思ったところ、北海道になりましたw

 

沖縄にずっといるだけだと視野が狭くなるなぁって思っていたので。

 

 

ーなるほど。…えー、緊張しないで、もっと緩く答えてもらっていいんですよ。

 

あーね。

 

ー「あーね。」って、古我知くんよく使うよね。

 

そう、そういうことねって意味で使ってます。

 

ーそれ口グセだもんね。

いま、気になっているコトはありますか?

 

動画編集です。

北海道の滝、山、道、動物とかの自然を伝えたいんです。

 

ーなんでそう思ったの?

 

Instagramでカッコいい動画をあげてる友人がいて、それを見て作りたくなりました。

 

古我知くん、Instagramを見せてくれました。

Instagramの@patagonia_gacchi を見ればワカるけれど、彼なりの粋な写真の世界が広がっていました。

 

@patagonia_gacchi   

 

 

 

ー恋愛についてお聞きします。

 

初恋は幼稚園の時です。
その人とは一緒におままごとをして好きになっていました。

 

ーあら、かわいいですね。


高校から付き合い始めた彼女がいまして、
二年間付き合っていました。

大学生でも付き合っていました。

 

ーあら、じゃあ遠距離だったんですね。

 

でも、遠距離は厳しくて、厳しくて。笑笑
今は、フリーに生きてる状態ですね。 

 

ーじゃあ彼女は募集中ということ、ですね。

 

彼女募集中というのは響きがよくないので、
できてもいいと思ってますし、いなくてもいいと思っていますね。 

 

ー初体験はいつですか?

 

高校2年の冬です。

 

ーなるほど。どうでしたか?

 

しに最高やっさ。

 

ー方言満載ですね。

 

したときは、世界が180度変わったような気がしました。

 

ーオモシロい回答ありがとうございます。

…話は変わりますが、日常生活を教えてください。 

 

朝起きて、コンタクトつけて、大学に行きます。

 

昼は大好きな学食のカレーを食べて、講義が終わったら愛車のジムニーでバイトに行くって毎日ですね。

 

ー初めて見たときは驚きましたが、愛車のジムニー、ただのジムニーではありませんね?

 

世界に一つしかないジムニーです。(断言)

みんなに馬鹿にされますが、とても気に入っています。 

 

 

 

ー確かにすごいジムニーです。

 

車とかには強いこだわりがあります。人と同じ車には乗りたくないし。

 

もっというと車に限らず、人と同じことってしたくないですね。

 

ーなるほど。でも、大学では教師になるための勉強をしているとか。

 

そうです。教育大学なので。

 

ーそれは人と同じことでは?

 

それはそうなんですけどね。

 

教師になればある程度のお金はもらえるし、比較的安泰な人生を送れるのかなって思っている自分がいます。

 

ー人と同じことだとは分かっていながらも、妥協している部分がある。

 

そうですね。

教師になったら職に縛られるからやりたいこと出来なくなるし。

 

その状況を打破するための一歩を、踏み出せないでいます。

 

ーなるほど。

 

だから、今やりたいのはヒッチハイクの旅です。カメラ持って、日本回りたい。

 

ーヒッチハイクの旅!楽しそうです。

 

いろんな人の意見を聞いて、いろんな視点を持って、どんな生き方があるのか考えたいし知りたいです。

 

ーだから電車とかではなく、ヒッチハイクなんですね。

 

はい。

 

ー古我知くんの写真や動画、新たな投稿やプロジェクト、楽しみにしています。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

古我知拓也(Takuya_Kogachi)のInstagram、そしてこれからのプロジェクトなどは、これからもどんどん取り上げて行きます。

 

興味のある人ない人も、まずはInstagram( @patagonia_gacchi )をフォロー。

 

古我知拓也(19) Takuya_Kogachi

沖縄出身、北海道在住のフォトグラファー。

迷える子羊。

Email yanbarar2013@icloud.com

Instagram @patagonia_gacchi 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア